こちら目黒区矢内原公園前数理棟

東京に住む男子学生の2017年

10. Sign with Me

久しぶりに本郷にある手話喫茶Sign with Meに来ました。

signwithme.in

 

東大の赤門から本郷通りを渡ってすぐのところにあるスープカフェ。この店では店内の公用語が日本手話です。店内の公用語が日本手話というのは、注文など諸々のコミュニケーションが全て手話で行われるということです。聴覚障害を持った店員さんもいるので(全員そうなのかも?)、本当に全部手話です。ただ、手話ができなければ入れないわけではなく、写真を指差して注文できるなど様々な工夫が用意されているので、どんな人でもゆったり楽しめます。前に来た時は一切手話とか使っていないお客さんもいたので、近隣の人にとっては普通のカフェなのだろうと思います。

 

もちろん、注文が手話なだけで、店内では音声言語で話しても手話で話しても自由です。声で話している人の方が多い気がしますが、手話で話している人もたくさんいます。自分のように1人で作業している人もいます。

 

と1人で作業していたら、初めてここに来たときを思い出しました。

 

初めて自分がSign with Meに来たのは、大学1年生のときでした。手話サークルの4年生の先輩に連れて来てもらいましたが、何を話したかはあまり覚えていません笑

 

当時1年生だった自分には、自分と関わる4年生の先輩がみんなすごい人に見えていました(実際すごい人ばっかでした)。

自分も4年生になったら、こんな人になりたい、この人を越すようなすごい人になれるように頑張ろう!そんなやる気溢れる1年生でした。

 

しかし、気づいたらもう自分が4年生。当時すごいなぁと思っていた先輩たちに自分は追いつけたのか、4年生も終わりかけの自分に自問してみます。

 

 

 

なんでだろうなぁ

どこで時間を無駄にしてしまったのだろうとちょっと悲しくなります。

 

  

残り2年ある学生生活、無駄にしないように頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

…最後に差し込みどころがなくなってしまったコーヒーの写真。なんか、めっちゃ新しくなっていてカッコいいです。

 

 

 

f:id:empit:20170121151233j:plain