こちら目黒区矢内原公園前数理棟

東京に住む男子学生の2017年

7. スケジュール帳

 

真顔

 

大学3年生くらいになったあたりからスケジュール帳をほとんど使わなくなりました。なくても生活できちゃったからだと思います。大方の用事は曜日ごとにしか決まってないですし、人と会う時はメールに日時、詳細が残ります。バイトは毎回、次回の予定を見て帰っていましたし、時には第六感が働いたりもしました。われながら器用にやっていたと思います。

 

まあですが、今年の春休みは卒業だし、いろいろと用事がありそうだということで、1月~3月スケジュール表を作りました。

 

3月のカレンダーがあったのでB5用紙2枚にコピー。そして、そのうち1枚のカレンダーの「29日、30日、31日」の部分を消して、2月のカレンダーにしてしまうという荒業をしました。2月と3月は曜日が一緒ですよね、今年は。

そのノリで1月は作れなかったので、自分で白紙のB5に16日からのマスを書きました。

 

 f:id:empit:20170115235527j:plain

 

 

できたスケジュール表を見て思ったのですが、自分、スケジュール表の埋まり具合を気にしちゃう傾向がある人です。傾向があると言ったのは、そんなめっちゃ気にしてるってわけではないという意味なのですが

「埋まってなきゃ充実してないのでは?」

とかスケジュール表の空白とかを見ると思ってしまいます。他の人の予定がぎっしり書いてある手帳とか見たりするとなおさら。

 

 

人の生活なんて様々。スケジュール表に書けるような用事だけが大切というわけではない。そんな埋まり具合で生活の充実度が評価されてたまるか。他人は他人、オレはオレ。そんなメンタリティで生きよう。ということで1月~3月のスケジュール表が完成しました。

 

 

 

 

 

 

f:id:empit:20170115235605j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 真顔