読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こちら目黒区矢内原公園前数理棟

東京に住む男子学生の2017年

31. 波崎

茨城県神栖市の波崎にやってきました。

茨城県と言っても、ちょっと歩けば千葉県の銚子に行けるような茨城県のはしっこです。

 

ここは毎年、サッカーサークルの合宿で訪れるのですが、中学の頃もサッカーしに来た記憶があります。サッカーの町なのですね。実際、「波崎」とGoogle検索するとサッカー関係のサイトが最初に出てきます。

 

何かブログに書くようなことあるかなと地図を見ると、どうやらこの波崎、利根川の最終地点のようです。

 

f:id:empit:20170423233910j:plain

(利根川が河川やーめたってなるところ) 

 

利根川ってなにか日本一だったよな…長さかな?と調べてみると、流域面積が日本一でした。

 

日本の河川、流域面積ランキング

1. 利根川  16840 km^2

2. 石狩川  14330 km^2

3. 信濃川  11900 km^2

4. 最上川  10500 km^2

5. 木曽川    9100 km^2

 

日本の河川、長さランキング

1. 信濃川  367 km

2. 利根川  322 km

3. 石狩川  268 km

4. 天塩川  256 km

5. 最上川  249 km

 

 

 

皆さん覚えてましたか?

 

 

 

参考にしたサイト

http://www.irohabook.com/river

 

 

30. 小挫折

最近短い投稿ばかりになってしまっていてすみません。

大学生活が充実していて、なかなかゆっくり文章を考える余裕がありません。嬉しいことですね。

 

春ということもあり、急遽、自分らしくないものにチャレンジしてみようとしたのですが、結局、覚悟と能力が足りずあきらめてしまいました。

具体的なことは書きませんが、自分的にはけっこうハードルが高いもので、途中、何回も「無理だろ」と思う気持ちを「やらない後悔より、やる後悔」と奮い立たせました。

しかし結局、やっぱ無理なものは無理だ、とあきらめてしまいました。

 

 

こう、やらなかった後悔っていやな感じですよね。

 

なんか思い出すたびに、ちょっと落ち込むというか、ほんのり気持ちが暗くなるというか、何かがひっかかるというか、いつまで噛んでもまずい味がでるガムを噛んでるみたいな感じです。そんなガムはさっさと吐き出して捨ててしまえばいいのですが、この後悔を忘れてしまったらそれはそれでいやだなという気持ちもあり、この噛みかけのガム、見えるとこに置いておこうという気持ちで文章にして残しておくことにしました。

 

 

 

 

 

この後悔、今後にいかせていますか。

 

将来、この記事を読み返す自分に問うておきます。

 

 

(なんか深夜のテンションですみません)

29. 100日

本日4月10日は2017年になって100日目です。

 

2017年100日目記念日。

忘れていた人は今からでも2017年にラインを送りましょう。小さな火種が後々やっかいなことになるかもしれません。

 

 

100日記念日。

 

100日前の自分と比べて、今の自分はどのくらい変わったでしょうか。

 

100日後の自分は今と比べて、どのくらい変わっているでしょうか。

 

 

 

たった700日しかない修士課程、大切に頑張りたいです。

 

 

 

28. 新生活

本日は4月3日、4月最初の月曜日です。

今日から、新社会人という人が多いのではないかと思います。

 

新社会人の皆様はおめでとうございます。

 

タイムマシーン3号の関さんも言ってます。

「お前の生まれてきた意味は…納税だよ!」

 

頑張ってください(^^)

 

 

自分は大学院に進学するのであまり生活は変わりませんが、たくさんの友達が社会に出て行くので、これを機に自分の生活をもう少し引き締めたものしたいなと思っています。

 

1.早寝早起き

2.すぐにできるメールはすぐに

3.ながら作業はあまりしない

 

メリハリのある生活をしたいなと思います。

 

 

27. 草津

群馬県吾妻郡の草津町へきました。

 

草津国際スキー場で人生2度目のスキーをしてきました。1度目は小学生くらいの頃で、全く何もできず、何も身につかなかったので、事実上今回が初体験みたいなものでした。

 

「手ぶらでスキーセット」という、スキー板、靴、上下ウェア、手袋、ゴーグルにニット帽まで借りられて、さらにリフト一日券までついて8200円というプランで遊んできました。

草津国際スキー場 | ウィンターシーズン | レンタル

本当に手ぶらで行ったので「こんな簡単にスキーってできるんだ」と感動しました。

 

今回、スキーが上手な友達に色々習うことができたのですが、小学生の頃よりはできるようになりました。自分が多少賢くなったんだなと実感できてよかったです。やっとボーゲンができるようになった程度ですが笑。

 

そして、草津といえば温泉ですよね。

f:id:empit:20170401112940j:plain


温泉の歴史とか調べようと思ったのですが、なんかよくわからなかったのでやめました。ちょっと調べてネットサーフィンしてるときに、源頼朝とかが出てきたのですが、そういえば、昔の人も今と同じように温泉とかに入っていたのでしょうか。

まあ猿もあんな風につかるということは、昔っから人もあんな風につかっていたということでしょうか。

 

 

26. 名古屋

皆さんは「第一東海自動車道」という道路をご存知でしょうか。

 

東名高速の正式名称だそうです。一般に東名高速と呼ばれているだけで、法律的にはこの「第一東海自動車道」という名称だそうです。東名と呼ばれる理由はご存知ですよね。「東京」と「名古屋」を結ぶから「東名」。

 

そんな東名高速を使って、東京から名古屋に行ってきました。

友達の引越しの手伝いということで、レンタカーを借りて荷物を積んで行ったのですが、現地で荷下しをしてからは、普通の観光をしてきました。

 
 
f:id:empit:20170324012739j:plain
 
名古屋城では期間限定で「スター・ウォーズ展」がやっていました。全部で7階建くらいあるのですが、2階のスペースをそのスター・ウォーズ展に使っていました。入場料は敷地自体の入場料(500円)と合わせて1800円。
高い…しかもあんまり興味ない…と思いつつも、せっかくなので見てきました。
映画のたくさんのこだわりが展示してあり、なるほど世界中でヒットするわけだなと思いました(なんか偉そう)。
 
「城」というものにこだわらず、いろいろな特別展を企画する名古屋城の姿勢になんか感動してしまいました。
今から400年ほど前の1615年4月に、徳川家康はこの城から、大坂夏の陣へと向かったらしいですが、その当時、400年後のこの城がこんなスター・ウォーズ展をやっている観光名所になっているとは想像だにしていなかったことでしょう。
 
そういえば、思い返せばこの春は金沢城、二条城、広島城と城ばっかり見ました。少しくらい城について調べておけば見え方も違っただろうに…
 
 
 
今回も金沢の時と同様、食に恵まれた旅でした。
 
みそかつ
f:id:empit:20170324012351j:plain 
 
ひつまぶし
f:id:empit:20170324012431j:plain
 

f:id:empit:20170324012516j:plain

 
 特にひつまぶしがあまりにおいしくて、気付いたらみんな無言で食べていました。おいしいものって人を無口にさせますよね。うなぎ、絶滅しないで。
 
 
 

25. 防災

先日、何回かにわたって文京区の手話サークル「文京手話会」を見学してきました。 文京手話会

その手話サークルでは、普段の活動は手話の学習なのですが、何ヶ月に一回か班活動といって、レク班や映像班、防災班などに分かれて小会議、報告会みたいな活動を行っています。自分は前回、防災班の活動に参加させていただきました。

 

そもそも防災班という機能が存在していること自体、大学の手話サークルと地域の手話サークルの性格のちょっとした違いが感じ取れて新鮮でした。

 

「東京防災」という本をご存知でしょうか。

またWikipediaの引用です。

東京防災(とうきょうぼうさい)とは、東京都が2015年9月に、東京都内の全世帯に配布した防災用のハンドブックである。

 

なんか、どっかでみたことあるような黄色い本です。中身は全てPDFとして小分けにされてネットに上がっています。次のサイトに行けば全てのページを見ることができます。

 

www.metro.tokyo.jp

 

読んだことがない方は、「01 大災害シミュレーション」というところとだけでも読んでみることをおすすめします。災害が起きた時のこと、どうすればよいのかを時系列に沿って書いてあるので、読みやすいです。

 

書いてあることは「まあ、知ってるな〜」というものがほとんどですが、たまに「あ、なるほど」みたいに思うこともあります。

 

正直、防災については「災害があったとしても、まだ若いし、体動くし、学生のうちは時間もあるし、なんかあったら人の役に立ちたいな」程度の漠然としたイメージでしかいませんでした。

 

ただ、その手話サークルの熱心なおばさんたちの議論を聞いて、知識を持っているのと持ってないのとでは、大きく違うということに気づきました。

災害で死の危機に直面したとき、どう生き延びるのかということだけではなく(僕はこういうことばっか想像しがちですが)、その後の避難所生活でどういう問題が起きるのか、どういう工夫があるのか、具体的に過去の事例から学ぶことも重要だなと思いました。

 

何事も勉強ですね。